仕事と勃起障害

勃起障害は30代になると起こりやすくなることがわかっています。
年齢的にはまだまだ若いので、加齢が原因とは考えにくいです。
30代で勃起障害を引き起こす場合は、仕事が関係していることが多々あります。
男性にとって最大のストレス発生源が仕事なのです。
仕事で失敗して落ち込んでしまうと、性的興奮を覚えても十分に勃起しなくなります。
仕事は疲労やストレスの原因となり、特にストレスは勃起障害の原因になりやすいです。
重役を任される立場になるほど、プレッシャーから勃起不全になりやすいのです。
仕事が原因の勃起不全の場合、仕事を辞めたら急に改善するケースが多く見られます。
この場合、仕事が原因となっていたため、辞めることで原因が取り除かれたのでしょう。
勃起障害を予防するためには、仕事の負担をいかに軽減するかが大切です。
仕事の内容自体は変えることが難しいでしょうが、適度に手を抜くことは可能でしょう。
この場合の手抜きは悪い意味ではなく、無理をしないという意味です。
真面目で完璧主義の方ほど、無理をして精神疾患に陥りやすいのです。
また、十分に睡眠をとって疲れを癒すことも大切となります。
睡眠時間が不足している、睡眠の質が悪い、といった方は勃起障害になりやすいので注意しましょう。
勃起障害はED治療薬を服用すれば一時的に改善しますが、根本から治すことはできません。
根本から改善する方法は、原因を取り除く以外にないのです。
仕事が原因ならば、一番よいのは仕事を辞めることですが、これは難しいでしょう。
転職をして仕事を変えることも一つの対策となります。
いずれにしても、若くして勃起障害になるような場合、身体に相当無理をかけた生活を送っていると考えていいでしょう。